Valenciaguitars.com

バレンシアの歴史

Valenciaギターは、1972年にオーストラリアのメルボルンにて、初心者向けのナイロンギター、また学生ギタリストにギターを提供するために設立されました。 優れたプレイアビリティと可能な限り最高の製造基準に合わせて製造しています。

80年代のバレンシア

バレンシアのギターは、もともと韓国の工場から供給されていました。やがて、このギターのニュースがオーストラリア中に広まり、 数年のうちに国内で最も売れているギターとして認定されました。

1982年、バレンシアギターの生産は、当時世界で最大かつ最高のギター製造工場に移りました。この韓国企業は7年間、Valenciaギターを独占的に製造しました。 その結果、バレンシアはターゲットを初心者から中級者までを対象にしてターゲットの規模を拡大しました。また、製品の種類も拡大し、バレンシアのブランド名でアコースティック、エレクトリック、ベースのギターが新たに誕生しました。

1989年まで韓国で高品質のギターを製造するコストは非常に高くなり、バレンシアの生産は台湾の2つの独立した製造施設に移りました。 この移行の時点で、Valencia最初のルーツに戻し、ナイロン弦のクラシックギターの生産のみに戻すことにしました。

90年代のバレンシア

1997年後半、徹底的な研究とテストにより、中国の一部の工場のギターの製造品質が大幅に改善されたことがわかりました。 そのため、Valenciaの厳しい品質基準を満たせるようになりました。 現時点では、バレンシアの生産を第三の製造国である中国に移すことが決定されました。

1998年後半までに、バレンシアを製造する工場の生産能力は世界規模での販売まで成長しました。 その結果、Valenciaギターは世界中の70か国以上で取り扱いが可能になり、各市場の多くの大手卸売業者によって販売されています。

 

00年代のバレンシア

2018年7月、スラバヤの工場複合施設内で、最先端のギター製造施設の建設が開始されました。 これにより、既存の工場の規模が事実上2倍になります。 新しい機械と生産方法により、品質が向上し、生産能力が向上します。

 

現在のValencia

Valenciaは現在、間違いなく世界のギターブランドの一つです。 世界中の何千もの楽器店が、Valenciaを主要なクラシックギターのラインナップとして取り揃えています。 ギターの専門家はValenciaギターが市場で最高の価値を提供するためこれを行います! この理由だけで、世界中の何百万人ものギタリストがValenciaギターで音楽の旅を始めました。

Timeline